ハワイ記録

4年勤めた会社を辞めてハワイへ留学することに。主に生活記録日記

留学前の予防注射MMRの話

入学前にMMRの予防接種を二回受けろ


入学予定の学校からこのような指示が。
(勿論学校によっては予防接種の実施指示ないところも多々あります)

てか…


MMRって何よ?

MMRとは

Measles(はしか)、Mumps(おたふく風邪)、Rubella (風疹)の略。アメリカでは一般的な予防接種で、日本では「三種混合」として1988年から1993年まで実施されていましたがMumpsワクチンの問題で中止しています。(2006年からMumpsを除いた2種混合を実施)

ニューヨーク州保健局の規定によると、入学の際に下記の接種記録の提出が必要です。

・Mumps(おたふく風邪)1回
・Rubella(風疹)1回
・Mesles(はしか)2回(←ここに注目)

実際にはしか、おたふく風邪、風疹にかかったことがある場合でも免疫の証明にはならず、上記接種の証明を提出、あるいは新規で接種することになります。




簡単に言えば日本では実施してない三種混合。


渡航専門外来的な病院じゃないと扱ってない!!
(市役所や26年間で診察受けた病院片っ端から電話したので間違いないはず)


要はまず扱ってる専門の病院を探さなくちゃいけない。

接種場所

私がお世話になった日比谷クリニックは完全予約制。

病院によって異なるかと思いますが、お値段1万円。


これを2回も…諭吉…。


でもググると(笑)

「日本人は幼少期に打ってるはずだから1回でオッケー」

みたいなの書いてある。


えっ?^p^


母子手帳見ればわかる」とも。



見る→わからん

とりあえず電話予約してみました。

電話対応も本当に丁寧で、

母子手帳の予防接種ページ
・学校から送られてきた英文診断書

それぞれの写メを送るよう指示がありました。

ちなみに、この英文診断書の発行に6,000円かかります。

ちなみに、こちらの初診料は2,000円です。


・・・・。


いざ接種


なんだかオフィス的なところに案内され母子手帳を提出。


さて、私はこの1万円の注射を2回打つのか!?

打たなきゃいけないのか!?


結果からすると今回のMMRは1回で済みました。



過去にMR(麻疹風疹)を既に1度接種していたので、
残りのオタフクの接種が最低1度必要だったのと、


必ず1回は「MMR」を通して各ワクチンを接種じゃないといけないらしい。



なるほど。

ちなみにワクチン自体は親指の第一関節くらいのサイズ。

輸入ワクチンなので色々不安でしたが、
直後の2~3日は風邪っぽい症状が出たけど、
それ以降は特に副作用なしでした!


theryugaku.jp